風疹予防と対策ガイド

風しん流行中!風しん予防対策をしましょう

妊婦、とくに妊娠初期の女性が風しんにかかると、赤ちゃんにも感染し、耳が聞こえにくい・目が見えにくい・生まれつき心臓に病気がある・発達がゆっくりしているなど「先天性風しん症候群」という病気にかかってしまうことがあります。

風疹とは

風疹は、風疹ウイルスによって生じる急性の発疹性感染症で、季節的には春先から初夏にかけて患者の増加がみられます。

詳しく

妊娠中に感染したら危険?

妊婦が風疹ウイルスに感染すると、流産や死産となったり、先天性の病気を持った子供が生まれる可能性が高くなります。

詳しく

『風疹予防と対策ガイド』について

今、大人の風疹感染が増えています。風疹に妊娠している女性が感染すると、生まれてくる赤ちゃんに耳が聞こえない、発達が遅れるなどの先天性の障害が生じる可能性が高くなります。

あなたは中学生の時に風疹の予防接種を受けましたか? よく覚えていない、または不安な場合は、念の為に受けておくことをおすすめします。

男性も女性も、早めに風疹の予防接種を受けて、風疹の蔓延を防ぐことが肝心です。

更新状況

Copyright© 2019 adminuser All Rights Reserved.