風疹の原因と感染経路

スポンサーリンク

風疹患者には要注意

風疹は、風疹ウイルスによって引き起こされます。その風疹ウイルスは、通常風疹に感染している人の鼻やのどの分泌物にいます。そのため、風疹患者のくしゃみや咳などによってウイルスが飛び散ってしまうことにより、感染が起こります。このような感染を飛沫感染といいます。

風疹ウイルスは飛沫感染しますが、感染性があるのは、発疹の出る2~3日前から発疹が出たあとの5日間くらいまでといわれています。感染力は麻疹や水痘に比べれば弱いといえます。

分泌物にウイルスが排出される期間は、発疹が現れる前後約1週間程度です。発疹が消えるとウイルスは少なくなり、感染力は低下します。一度ウイルスにかかると、免疫が得られますが、まれに再感染することもあります。

大人、とくに妊婦は風疹にかかると子供に重大な影響を与えてしまうので、できるかぎり風疹患者いると思われる場所(保育所や病院)にいくときは注意しましょう。

スポンサーリンク
Copyright© 2019 adminuser All Rights Reserved.