風疹の予防

スポンサーリンク

風疹の感染は、予防接種を打つことによって避けることができます。

1994年10月の予防接種法改正により、生後12~90月未満の男女に定期接種が開始され、風疹の患者数は大きく減少しました。子供の頃に受けた経験がある方も多いと思います。

しかしその一方で、2002年から局地的な流行が認められ、2003年から2004年にかけて流行している地域が急増しており、2013年も流行状況が続いてしまっています。

風疹に限らず、多くの人が予防接種でその病原体に対する免疫を持つことによって、社会全体としてその疾患の流行を抑える効果があります。

風疹の予防接種、ワクチン

予防にはワクチンが有効 風疹の予防対策には、ワクチンが使用されます。風疹のワクチンは非常に有効で、ほとんどの人に抵抗力をつけることができるといわれています。 妊娠を計画している人は妊娠の前に予防接種を受けるようにしましょ...続きを読む

風疹の治療

対症療法が中心 風疹に特別な治療法はありません。発熱などの症状をおさえる対症療法が中心になります。熱がでている場合は、解熱鎮痛剤などを使用することもあります。とにかく安静にして十分な水分を補給し、症状があらわれなくなるの...続きを読む

風疹ワクチンの副作用

風疹ワクチンは、副反応の非常に少ないワクチンといえます。副反応としては、まれに発疹、じんましん、紅斑、掻痒、発熱、リンパ節腫脹、関節痛などを認めることがあります。成人女性に接種した場合、小児に比べて関節痛を訴える頻度が高...続きを読む
スポンサーリンク
Copyright© 2019 adminuser All Rights Reserved.